スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりーふ

どうも あとらんてかで地球を駆け巡ってましたごめんなさい
近状はわりと変わりません
あと襟方は妄想に過ぎませんがいろいろ設定を作ったりなかったことにしたりして
楽しんでます。ごめんなさいEMの皆さん。今日はその中から今の状態での2つを。

痛いよ?
●楽園の愉快なバカ 宇佐谷 因幡 (うさたに ゐなば)
能力:空気を読まない程度の能力
子ウサギの妖怪。彼女が住む家にはたびたびどこかから物が現れる。
彼女は貧乏な暮らしを少しでも豊かにするために
それらを自らが経営する「えいえんてゐ商店」で売っている。
しかし、その物はどこからくるのだろうと考えたことはあまりないようだ。

すいませんほかにも細かい設定あるんですがあんまりぼきゃぶらりーがないので
この辺でやめておきます。一応これはしぇが描いてた神谷さんに違う名前を付けてみただけのことです。
しぇ、ごめんね(´・ω・`) 不評なら変えます。

●西の楽園 エリン
この世には妖怪だったり怪物だったり幽霊だったり魔法使いだったりが
少なからず存在する。しかしそれらは大抵どこかに結界を張りその中で暮らすのである。
エリンは、その不思議が存在していい結界のなかでも大きいほうの部類に入る場所である。
そこにはもともと住んでいた人々や動物のほかに、魔族や古代魔法生物が住んでいる。
外から入れるのは、選ばれた人間であるミレシアンだけのようである。
彼らがなぜ選ばれたのかは神のみぞ知ることなのだろうか。

エリンを幻想郷っぽくしてみた。わけがわからなくなった。

Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。